忍者ブログ
# [PR]
2017/12/14 16:54
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


CATEGORY [ ]
pagetop
# 水圧の恐怖。
2008/03/06 21:50

俺は、どこかの旅館や銭湯のようなあのシャワーの
水圧の恐ろしさと、凄さを知らなかった。

初体験というのは、何時のときでも驚きの連続である。
初めてというのは、いつだってソワソワしてしまうものだ。

我が家のシャワーは立地条件が悪いのかわからないが水圧が低すぎた。
27年間という長い年月を経て俺はシャワーの水圧の低さに
慣れれていたのだった。

しかしながら、あまりにも我が家は水の出が悪いということで
両親が業者に頼んだときのこと。

本当にチョロチョロしかでなかった水道が物凄い勢いで出てくる。

いつもお湯があたたまるまで、湯船にシャワーの頭を突っ込んで
暖かくなると俺はシャワーを取り出すこと27年間。

しかしながら、ちょっと蛇口をひねってシャワーの頭を風呂の中に
いれてみると、とスゴイ勢いで風呂から噴出し暴れだすシャワーの頭。

シャワーに翻弄される27歳。

シャワーってこんなにすごいのかっ!と、思い知らされた瞬間であった。

そのシャワーの水圧のまま、体を流そうとすると痛いくらいである。
さて、そろそろあがろうかと立ち上がった時だった。

股間に物凄い水圧が押しかけてくる。

ちょっ・・・。

刺激が強すぎる・・・。

しかし、俺も負けじと股間を踏ん張る。

トムソーヤの冒険にでてくるような、荒波に耐えようとするが
シャワーの水圧も半端ないものだった。

俺は必死に耐え、仁王立ちしていた。

しかし、母の「ヒロお風呂まだあがんないの?」という声でハッとなった。

しかしながら、水圧でキャベツを切ったり出来る時代だ。
あの水圧を舐めてはいけない。

PR

CATEGORY [ 日常 ] COMMENT [ 0 ]TRACKBACK [ 0 ]
pagetop
<<ホワイトデー | HOME | ありふれた苗字>>
コメント
コメント投稿














pagetop
trackback
トラックバックURL

pagetop
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]